• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-F800 』 内のFAQ

96件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 10ページ 次へ
  • 端子応答時間について

    2~3mSです。Pr.289 本体出力端子フィルタ、Pr.699 入力端子フィルタを設定することにより、FR-A700の端子応答性と互換をとることができます。5~8msを目安に設定し、システムに合わせて調整してください。

    • FAQ番号:19443
    • 公開日時:2016/09/30 15:34
  • シーケンス機能について

    1s間隔です。

    • FAQ番号:18410
    • 公開日時:2014/12/24 16:40
  • シーケンス機能について

    高速・低速合わせて16点です。

    • FAQ番号:18409
    • 公開日時:2014/12/24 16:40
  • シーケンス機能について

    SD1148は同時にSTF RHなど複数のbitがONできます。SMは、個別でのONになります。SD1148をH5にした場合とSM1200(STF)とSM1202(RH)をONした場合は同じ意味になります。SM1255のインバータ動作状態制御選択をONにすると特殊レジスタが、OFFにすると特殊リレーが有効になります。

    • FAQ番号:18408
    • 公開日時:2014/12/24 16:40
  • 操作パネルについて

    操作パネルを操作しない状態が続き、Pr.1048ディスプレイオフ待ち時間の設定時間が経過するとディスプレイオフモードになり、ディスプレイオフモード中は“MON”LED がゆっくり点滅します。

    • FAQ番号:18309
    • 公開日時:2014/09/30 18:23
  • MT-BU5について

    MT-BU5は使用できませんので、FR-BU2をご使用ください。

    • FAQ番号:18308
    • 公開日時:2014/09/30 18:22
  • 電源高調波対策について

    高調波抑制に対しては必要に応じて、高力率コンバータFR-HC2やリアクトルをご使用ください。

    • FAQ番号:17964
    • 公開日時:2014/03/05 17:13
  • FR-A800について

    アドバンスト磁束ベクトル制御は使用可能です。 Pr.3=400Hz以上、Pr.84=9999の場合、Pr.84=400としての特性となります。 (周波数は400Hzを上限としてリミットされます)

    • FAQ番号:19994
    • 公開日時:2018/04/13 16:36
  • FR-F800とFR-A8TATの組合せについて

    使用可能です。 37K以上の容量には同梱の取付け用金具を使用して取り付けてください。

    • FAQ番号:19576
    • 公開日時:2017/06/30 16:12
  • FR-A800-Eについて

    FR-A800(RS-485通信タイプ)に比べ、FR-A8TR使用不可、空きオプションコネクタは二ヶ所のみ等の一部制約があります。

    • FAQ番号:19475
    • 公開日時:2016/12/27 18:37

96件中 51 - 60 件を表示