• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 オプション 』 内のFAQ

141件中 71 - 80 件を表示

前へ 8 / 15ページ 次へ
  • FR-A800とFR-ALFについて

    使用可能です。

    • FAQ番号:19690
    • 公開日時:2017/10/02 10:18
  • FR-PU07BBについて

    電源OFF時に内部リセット処理を行うため、アラーム状態の保持はできません。 アラーム内容はアラーム履歴に保存されているので、そちらを参照するか、制御回路電源を 別回路にできるインバータを用意し、制御回路電源を保持する回路をご検討ください。

    • FAQ番号:19298
    • 公開日時:2016/03/31 11:03
  • FR-E700-SCについて

    FR-E700-SCでは使用できません。端子台で485通信を行う場合は、標準のFR-E700を使用してください。

    • FAQ番号:17688
    • 公開日時:2013/09/06 11:44
  • 高調波抑制対策のリアクトル取付

    1個のリアクトルに複数台のインバータを取り付ける事は可能です。 この場合、複数台のインバータがすべて運転している状態でないとリアクトルから見ると負荷が 軽負荷になるため、力率改善効果が落ちます。 また、この方法で「家電・汎用品高調波抑制対策ガイドライン」に適合するかどうかですが、 明確に記載はされていないので、...

    • FAQ番号:11693
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • FR-Z100シリーズ置換え

    Z100からA520 :FR-AAT01によりZ100からの置き換え可能です。 Z100からE520 :新シリーズのためアタッチメントはありません。 Z100からA024 :Z100シリーズへのアタッチメントはありません。FR-AAT11にてZ024からの置き換えは可能です。  Z100からA120E :FR-A...

    • FAQ番号:11656
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 力率改善リアクトルの1ランクアップでの使用について

    リアクトルは定格容量より軽い負荷になりますと、力率改善効果が若干下がります。 よって、モータと同容量のリアクトルのご使用を推奨します。

    • FAQ番号:11161
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 位相検出端子について

    1999年12月生産のユニットから位相検出端子が設けられるようになりました。 識別方法はSERIAL(製造番号)が「N9Z○○○○○○」以降のユニットになります。 先頭のNは記号で二番目の9は99年を、三番目のZは12月を表します。 現状のユニットに位相検出端子が無ければ従来当りの配線でご使用頂きますようお願い...

    • FAQ番号:11004
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • オプションの接続について

    1.FR-HCを接続する際に、リアクトル(FR-HCL)を接続しますので、   FR-BALは接続しないで下さい 2.FR-HCの一次側にノイズフィルターを接続可能です。   リアクトル2(FR-HCL02)とFR-HCの間に接続して下さい。 3.MC→ACリアクトル→ノイズフィルタ→  の順に接続してくださ...

    • FAQ番号:10993
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • MT-BSL/MT-BSCについて

    使用できません。280Kを超える容量のものはラインナップしておりません。

    • FAQ番号:20310
    • 公開日時:2018/07/06 14:56
  • FR-BIFの漏れ電流について

    デルタ結線の時の漏れ電流は、200V形は5mAです。400V形は10mAです。

    • FAQ番号:19584
    • 公開日時:2017/06/30 16:13

141件中 71 - 80 件を表示