• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 オプション 』 内のFAQ

141件中 71 - 80 件を表示

前へ 8 / 15ページ 次へ
  • FR-E700-SCについて

    FR-E700-SCでは使用できません。端子台で485通信を行う場合は、標準のFR-E700を使用してください。

    • FAQ番号:17688
    • 公開日時:2013/09/06 11:44
  • FR-HC2について

    電流振動が発生する場合、周辺機器から異音や、蛍光灯のちらつきを引き起こすことがあります。

    • FAQ番号:17519
    • 公開日時:2013/07/05 10:12
  • 大容量電源直下での使用について

    ACリアクトルを使用してください。

    • FAQ番号:17346
    • 公開日時:2013/03/29 16:29
  • FR-B3について

    FR-B3のキャリア周波数は2kHzです。低騒音タイプのFR-B3-Nは14.5kHzです。

    • FAQ番号:17335
    • 公開日時:2013/03/29 16:27
  • 内蔵リアクトルについて

    FREQROL-A201シリーズに内蔵されているリアクトルはコンバータ回路の動作を 安定させるためものであり、FR-BALとは異なります。 なお、高調波抑制対策ガイドラインの計算の際には、内蔵のリアクトルでは高調波抑制効果が 十分ではないため換算係数はK31=3.4(リアクトルなし)を使用します。

    • FAQ番号:11682
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 力率改善リアクトルとの組合せ

    力率改善リアクトルと組合わせできません。 (高力率コンバータにより、力率はさら に改善されるため、不要です。)

    • FAQ番号:11540
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 機種構成

    200Vクラスは7.5K、15K、30K、55Kの4機種です。 400Vクラスは7.5K、15K、30K、55Kの4機種です。 それぞれ、高力率コンバータ本体とリアクトル1、リアクトル2、外置きボックスの付属品が必要です。

    • FAQ番号:11524
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • パラメータユニットの使用可否について

    FR-HCでは、FR-PU04は使用できません。

    • FAQ番号:11091
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • FR-A800とMT-BSL/MT-BSCの組み合わせについて

    正弦波フィルタをインバータとモータ間に設ける際、P.72(キャリア周波数)=25に変更する必要があります。これにより、キャリア周波数が2.5kHZに変更されます。 その際、インバータ定格電流は90%に低減されますので、モータ定格電流×1.1 がインバータ定格電流の90%以下となるように選定を行ってください。

    • FAQ番号:19783
    • 公開日時:2018/01/26 15:17
  • FR-XCについて

    ・200V/400Vともに22kW~の容量に限り使用可能です。 ・定格電流(容量)がディレーティングされます。(詳細は取扱説明書を参照ください) ・専用のリアクトルボックス(FR-XCB)が必要になります。

    • FAQ番号:19695
    • 公開日時:2017/10/02 10:18

141件中 71 - 80 件を表示