• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 SC-A 』 内のFAQ

12件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 2ページ 次へ
  • 汎用インバータとの違い

    一般的にはどちらもインバータで同じ制御方式ですが、インバータスピードコントローラは 汎用インバータに比べ、簡単に可変速運転ができることを目的に機能を限定し、 サイズ、使い易さ、経済性を重要視しています。 使用上では、汎用インバータは制御回路用端子が高圧の加わる主回路端子と 絶縁されているのに対し、スピードコント...

    • FAQ番号:11518
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • インバータがトリップした時の異常出力信号

    ユニットタイプ SC-A□□U のみ異常出力信号を装備しています。 (端子Y1-SD オープンコレクタ出力 許容負荷DC24V 0.1A) ボックスタイプ SC-A□□B は異常になると、表面にあるアラームLEDが点滅して知らせます。

    • FAQ番号:11520
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 加減速時間の設定

    加減速時間の別々の設定、片側のみ有効はできません。

    • FAQ番号:11158
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • インバータ運転の省エネ効果

    インバータの省エネ運転とは、商用電源による運転との比較で表わします。  例えば空調機で風量を制御するために、 ・商用電源モータ駆動+ダンパ制御の場合:風量を少なくする時、ファンは最高風量を発生し、  ダンパで空気を逃がす制御を行います。よって、この制御ではダンパから漏れる空気分が  エネルギーのロスになります。...

    • FAQ番号:11478
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 単相200V入力で使えますか

    モータ容量に対しスピードコントローラの容量を1ランクアップすることで使用できます。 (出力は三相200Vです。)

    • FAQ番号:11519
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 1つのボリュームで2台のスピードコントローラを運転できますか

    1つのボリュームで2台のスピードコントローラを運転することはできません。 理由: SC-A形スピードコントローラは制御回路と主回路が絶縁されていないため、1つのボリュームで 2台に接続すると、電流の回り込みが発生しスピードコントローラを壊す恐れがあります。 (絶縁された2連タイプのボリュームを使用すれば、2台の...

    • FAQ番号:11522
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • DINレール取付

    ユニットタイプ:SC-A□□U はDINレールへ取り付け可能です。 ボックスタイプ:SC-A□□B はDINレールへの取り付けはできません。

    • FAQ番号:11521
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • パラメータ(設定)は何がありますか

    設定可能な機能は、下記の3種類です。 ・加減速時間 ・電子サーマル ・最高周波数 パラメータユニットは使用せず、2つの内部ボリュームと2つのスイッチで設定します。

    • FAQ番号:11516
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 従来との差(パラメータユニット)

    パラメータユニットは使えません。 設定は内部の2つのボリュームで電子サーマルと加減速時間、2つのスイッチで 最高周波数の選択を行います。

    • FAQ番号:11515
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 機種構成はどうなっていますか?

    ボックスタイプ、ユニットタイプ、モジュールタイプの3タイプがあります。 それぞれ 100Vシリーズ 40W、100Wの2種類 200Vシリーズ 40W、100W、200W、400Wの4種類です ボックスタイプは盤外使用に最適(IP40 全閉鎖形)、ボリュームもスイッチもカバーに 取付けています。 ユニットタイプ...

    • FAQ番号:11514
    • 公開日時:2012/02/27 15:21

12件中 1 - 10 件を表示