• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-A800 』 内のFAQ

164件中 121 - 130 件を表示

前へ 13 / 17ページ 次へ
  • RS-485通信時のモニタ表示について

    モニタのマイナス表示はできません。Pr.290、Pr.1018の設定は無効になります。 詳細表示

    • FAQ番号:19995
    • 公開日時:2018/04/13 16:36
  • FR-A800-R2Rについて

    極性可逆運転を有効(Pr.73=10~17)にすることで可能です。 詳細表示

    • FAQ番号:19993
    • 公開日時:2018/04/13 16:35
  • FR-A800-06GFについて

    コーティングされています。 詳細表示

    • FAQ番号:19768
    • 公開日時:2018/01/26 15:15
  • FR-A800の制御の切替時間について

    MC信号における制御の切り替わり時間は、20ms以内です。 詳細表示

    • FAQ番号:19581
    • 公開日時:2017/06/30 16:12
  • FR-A800-Eについて

    インバータ側の最大接続台数は64台ですが、実際に接続可能な台数がマスタ側の仕様により異なるということを示しています。 (マスタ側の最大接続台数が64台より少ない場合、インバータ側の最大接続台数はマスタ側の最大接続台数と同一になります。) 詳細表示

    • FAQ番号:19579
    • 公開日時:2017/06/30 16:12
  • CC-Link IE Field Basicについて

    最大64台(スレーブ局)まで接続可能です。 接続可能な台数は、マスタ局により異なります。 詳細表示

    • FAQ番号:19542
    • 公開日時:2017/04/03 15:41
  • FR-A800-R2Rについて

    厚み演算機能は、必ずPLGのフィードバックが必要です。 実ライン速度演算機能は、実ライン速度の入力が必要です。 実ライン速度演算の場合はPLGフィードバックは必須ではありません。 詳細表示

    • FAQ番号:19469
    • 公開日時:2016/12/27 18:38
  • FR-A800-R2Rについて

    Pr.361=0であればX114=ON時2番端子をライン速度指令、X114=OFF時周波数設定値として使用できます。 Pr.361=3とすると、X114=OFF時、2番端子は周波数設定として機能しなくなります。 詳細表示

    • FAQ番号:19468
    • 公開日時:2016/12/27 18:38
  • 端子応答時間について

    2~3mSです。Pr.289 本体出力端子フィルタ、Pr.699 入力端子フィルタを設定することにより、FR-A700の端子応答性と互換をとることができます。5~8msを目安に設定し、システムに合わせて調整してください。 詳細表示

    • FAQ番号:19443
    • 公開日時:2016/09/30 15:34
  • キャリア周波数自動低減機能について

    85%以上の電流になると即動作します。制限解除は80%以下になると解除されます。 詳細表示

    • FAQ番号:19439
    • 公開日時:2016/09/30 15:34

164件中 121 - 130 件を表示