• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-A800 』 内のFAQ

164件中 141 - 150 件を表示

前へ 15 / 17ページ 次へ
  • FR-A800について

    PLG 電源仕様に合わせて別電源が必要になります。 詳細表示

    • FAQ番号:18130
    • 公開日時:2014/05/26 14:53
  • 電源高調波対策について

    高調波抑制に対しては必要に応じて、高力率コンバータFR-HC2やリアクトルをご使用ください。 詳細表示

    • FAQ番号:17964
    • 公開日時:2014/03/05 17:13
  • FR-A800-CRNについて

    有効です。 詳細表示

    • FAQ番号:20322
    • 公開日時:2018/07/06 14:58
  • FR-A800-CRNについて

    有効です。 詳細表示

    • FAQ番号:20321
    • 公開日時:2018/07/06 14:57
  • FR-A800-R2Rについて

    X114信号は、制御をダンサ制御や張力センサレストルク制御に切換えるための信号で、運転中に制御が切り替わると危険なため、運転中は信号入力無効となります。(停止中に設定した信号状態で動作します。) X114信号OFFのまま起動した場合はPr.800に従い、通常の速度制御またはトルク制御となります。運転中にX114... 詳細表示

    • FAQ番号:19572
    • 公開日時:2017/06/30 16:11
  • FR-A800-R2Rの巻径演算について

    厚み演算方式に対しては、Z相は不要です。 詳細表示

    • FAQ番号:19544
    • 公開日時:2017/04/03 15:42
  • 衝撃低減再始動について

    今までは、直流を印加して周波数サーチを実施していましたが、Pr162=3,13を設定した場合、位相を検出して交流印加方式でサーチを実施する事により衝撃を低減しています。 詳細表示

    • FAQ番号:19438
    • 公開日時:2016/09/30 15:34
  • FR-A800-R2Rのモニタ機能について

    Pr363=5以外はモニタできません。Pr363=5の場合のみ有効です。 詳細表示

    • FAQ番号:19425
    • 公開日時:2016/09/30 15:31
  • FR-A800-R2Rについて

    張力PIゲイン自動チューニングのゲインはダンサフィードバック速度制御のゲイン、 速度制御Pゲイン補正で調整するゲインは速度制御のゲインで別物です。 詳細表示

    • FAQ番号:19360
    • 公開日時:2016/06/30 15:02
  • FR-A800-R2Rについて

    巻き比が大きい場合は、巻径に応じての制御が必要となります。従来は上位のコントローラが巻径を測定し、インバータへの指令を作成することで機能を実現していましたが、Roll to Roll専用機では、従来上位のコントローラとの組み合わせで行っていた制御をインバータ単体で実現できます。中、小規模のシステムの構築が簡単にな... 詳細表示

    • FAQ番号:19224
    • 公開日時:2015/12/23 16:44

164件中 141 - 150 件を表示