• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 内蔵オプション 』 内のFAQ

39件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 4ページ 次へ
  • 停電復帰後のインバータリセットについて

    インバータの運転モードがPLCリンク運転モードの状態でシーケンサの電源をOFFすると通信異常となり、 インバータは、安全のため、アラームトリップします。 上記アラームや他のアラームをCC-LINK経由でリセットすることは、可能です。 アラーム発生中にリモート入力信号のRY1AをONすることでインバータエラーリセッ...

    • FAQ番号:11686
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • FR-A800とEthernet IP通信について

    オプション対応により可能です。 FR-A800シリーズにHMS社が製造、販売する下記通信オプション(内蔵基板)を 接続し、Ethernet IPの通信プロトコルに対応することができます。  HMS社 形名:A8NEIP_2P 詳細についてはお近くの購入窓口(営業)または代理店にお問合せ下さい。

    • FAQ番号:19668
    • 公開日時:2017/10/02 10:14
  • FR-A8TRについて

    FR-A8TRと共にFR-A8NCを使用すると、 物理的に端子への配線が困難となるため、使用できません。

    • FAQ番号:19483
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • 通信オプションのエラーについて

    E.OP1は、通信回線異常。 E.1は、通信オプションのH/W異常(インバータと通信オプションが通信できない場合にH/W異常と判断します。)E.1の場合は、Pr.502の設定に関係なくインバータはトリップします。

    • FAQ番号:19691
    • 公開日時:2017/10/02 10:18
  • FR-A8NCについて

    DC24V給電している場合は、オプションのパラメータを読出しできるようになっています。

    • FAQ番号:19484
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • FR-A8APについて

    ONレベルが電源電圧-3V以上、OFFレベルが3V以下です。

    • FAQ番号:18807
    • 公開日時:2015/06/24 13:39
  • FR-A8NCについて

    ONにした時インバータ内部のシーケンス等の処理によりインバータ状態の読み込みが途絶えるためです。その時間は約1秒ほどです。

    • FAQ番号:19486
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • FR-A8ALについて

    PG24端子とPG端子を短絡することで、PG24端子からエンコーダ用のDC24Vを供給可能です。

    • FAQ番号:19283
    • 公開日時:2016/03/31 10:59
  • FR-A7AP,FR-A7ALについて

    導通してます。エンコーダ電源とインバータの電源の回り込みが発生しないように内部回路が組まれています。

    • FAQ番号:17694
    • 公開日時:2013/09/06 11:47
  • FR-A8AX/A8AYについて

    FR-A700/F700では、構造上制約がありツメを切り取り配線する場合がありましたが、FR-A800/F800では上記制約が解消されているため記載されていません。

    • FAQ番号:18414
    • 公開日時:2014/12/24 16:41

39件中 1 - 10 件を表示