• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-A024 』 内のFAQ

40件中 11 - 20 件を表示

前へ 2 / 4ページ 次へ
  • 汎用磁束ベクトル制御

    ほぼ同じ制御方式です。 インバータの出力電流を励磁電流とトルク分電流に、ベクトル演算によって分割し、負荷トルクに 見合ったモータ電流を流せるように周波数と電圧の補正を行なうことは同じです。 汎用磁束ベクトル制御は、モータ定数が多少ばらついても特別なモータ定数の設定やチューニングを 行なわずに安定した大きなトルクを...

    • FAQ番号:11480
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 運転中にリセットしたら?

    モータがフリーラン中にインバータが再始動すると、再始動時に過電流トリップする 恐れがあるためです。ただし、最近の高応答電流制限機能のついている機種に つきましては、フリーラン中の再始動でもトリップしにくくなっています。  また、モータ運転中にリセットを行なうと、モータは一旦フリーランとなりますので 、 機械との...

    • FAQ番号:11625
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • キャリア周波数はどれだけですか

    0.7〜14.5kHzの範囲で可変できますが、工場出荷時はノイズや漏れ電流の影響の少ない 1kHzに設定してあります。 キャリア周波数の変更はパラメータ72(PWM周波数選択)で行ないます。

    • FAQ番号:11493
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 低騒音運転時のノイズ・漏れ電流対策

    ノイズ対策は大きく次のように分けることができます。 ・ノイズ源と相手機器間の距離を離す ・ノイズフィルタを設置する(FR-BIF、FR-BLFなど) ・本体や配線を遮蔽する ・回路を絶縁する   漏れ電流の対策 ・インバータのキャリア周波数を低くする ・漏電遮断器が不要動作する時は、自系統および他系統の漏電遮断器...

    • FAQ番号:11495
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • パラメータユニットFR-PU03の特徴

    簡単操作と応用操作を両立しました。 通常の運転時は6個のキーのみで簡単操作ができます。 パラメータ設定などの鷹揚そうさでは、カバーを開いてダイレクトインプット方式のフルキーによる きめ細かい操作が可能です。 カバーは着脱可能です。 キー操作音のあり・なしを選択できます。 キー操作でインバータリセットが可能です...

    • FAQ番号:11486
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 速度制御範囲について

    ギヤードモータはグリス潤滑の理由により低速(6Hz以下など)での 連続的な運転ができないものが多くあります。 この場合はモータ側の制約により速度制御範囲を広げることができません。 ご使用のモータが低速での連続運転を許容している場合(モータは定トルクモータ)、 もしくは制約のある周波数以下では連続的に使用しない場合...

    • FAQ番号:11066
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • インバーターで瞬停対策

    FR-A024、A044及び小形タイプのFR-E500は制御電源のみの供給はできません。 よってUPSでの供給もできません。

    • FAQ番号:11736
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 異常表示について

    「E.OV3」は、インバータが減速中及び停止中に、本体PN端子間の電圧が異常に上昇した場合に 表示されます。 今回ですと、雷によるサージのためにインバータに高い電圧がかかってしまい、PN端子間の電圧が 上昇したものと思われます。 この場合、インバータリセットによりエラー表示がなくなればこのままインバータを使用して...

    • FAQ番号:11692
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 低速トルクはどの程度出力できますか

    汎用磁束ベクトル制御とすべり補正機能を選択することによって、 1Hzで150%以上(3Hzで200%以上) のトルクを出力することが可能です。(短時間最大トルク) (三菱標準モータ4Pの場合) 三菱標準モータ0.4〜1.5kW 4Pの場合、汎用磁束ベクトル制御との組合わせにおいて、 6〜60Hzの範囲で連続10...

    • FAQ番号:11482
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • パラメータユニットFR-PU03について

    FR-A200(E)、FR-A100(E)シリーズには使用可能です。 (注)使用する時は、接続ケーブル(オプション)を使用してください。 FR-Z、FR-Uシリーズ(PU操作形は除く)には使用できません。

    • FAQ番号:11485
    • 公開日時:2012/02/27 15:21

40件中 11 - 20 件を表示