• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-A024 』 内のFAQ

40件中 21 - 30 件を表示

前へ 3 / 4ページ 次へ
  • サーマル保護の件

    安全性を考えるとサーマルを設置して頂いた方がより良いと思われます。 なお、ブレーキトランジスタがパンクの際にはブレーキトランジスタ異常(E.BE)アラーム出力を しますので、この信号でインバータの電源を遮断するなどの対策をご検討ください。

    • FAQ番号:11707
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • ゼロ電流検出の詳細

    1.インバータは通常の運転中のほか、直流制動中も出力電流を見ています。   そのため、ゼロ電流検出は直流制動中も検出を行ないます。 2.通常メカブレーキをかけるとき、運転中(RUN)や周波数検出(FU)信号を使用します。   ゼロ電流検出の出力信号を使ってメカブレーキをかけることは可能ですが、   直流制動動作...

    • FAQ番号:11621
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 低速トルクはどの程度出力できますか

    汎用磁束ベクトル制御とすべり補正機能を選択することによって、 1Hzで150%以上(3Hzで200%以上) のトルクを出力することが可能です。(短時間最大トルク) (三菱標準モータ4Pの場合) 三菱標準モータ0.4〜1.5kW 4Pの場合、汎用磁束ベクトル制御との組合わせにおいて、 6〜60Hzの範囲で連続10...

    • FAQ番号:11482
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • ノイズ、漏れ電流は増加しますか

    キャリア周波数が1kHzの非低騒音運転(工場出荷値)の場合は、ノイズ、漏れ電流は Z024シリーズとほぼ同等になります。 キャリア周波数を高くして低騒音運転を行う場合には、ノイズ、漏れ電流は増加しますので 注意してください。 キャリア周波数はパラメータ72(PWM周波数選択)で変えることができます。 (工場出荷時...

    • FAQ番号:11494
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 単相電源は使用できますか

    単相200V電源で使用できますが、コンデンサのリップル電流が増加し、コンバータ やコンデンサの温度上昇が高くなるため、出力定格を半分に低減する必要があります。 電源側端子R、Sに必ず接続してください。 (単相100V電源では使用できません。)

    • FAQ番号:11489
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • FR-A024について

    Pr.59は1995年10月以降に発売された製品から追加されており、1995年10月以前の製品からは読み出せません。

    • FAQ番号:17347
    • 公開日時:2013/03/29 16:29
  • 20A分岐ブレーカに接続可能なインバータ台数

    考え方は同じですが、インバータの場合、合計を3.7kWとしてください。(最大のものも3.7Kです)

    • FAQ番号:11593
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • ブレーキ抵抗やブレーキユニットを接続できますか

    FR-A024インバータの0.4〜3.7Kに接続できます。 (0.1K、0.2Kには接続できません) ブレーキ抵抗器はオプションで、FR-ABR形高頻度用ブレーキ抵抗器、 MRS形、MYS形ブレーキ抵抗器を、用意しています。 ブレーキユニットは、全容量ともに接続できます。

    • FAQ番号:11488
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 部品選定について

    1.ブレーカはインバータにあわせてください。 2.ブレーキ抵抗器もインバータにあわせてください。 3.ACリアクトルはモータにあわせてください。

    • FAQ番号:11678
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • FR-DU01は使用できますか

    使用できます。 (ただし、パラメータユニット接続ケーブルFR-CBL(オプション)と組合わせて使用ください)

    • FAQ番号:11496
    • 公開日時:2012/02/27 15:21

40件中 21 - 30 件を表示