• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-A700 』 内のFAQ

350件中 81 - 90 件を表示

前へ 9 / 35ページ 次へ
  • 外部ボリューム、多段速運転併用について

    外部ボリュームと多段速運転が併用して使用できます。 外部ボリュームと多段速運転の設定が同時に入った場合、多段速設定が優先されます。 詳細表示

    • FAQ番号:11176
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 商用運転切換機能について

    インバータ異常発生時は手動で商用運転に切り替えることは出来ません。もし、インバータ異常発生時に商用運転に切換えたい場合、自動で切換えは可能です。インバータ異常時に自動で商用運転に切り換える場合(Pr.138(異常時商用切換選択)=1)とすると、インバータ運転中にインバータ異常が発生すると、商用運転に切り換わります... 詳細表示

    • FAQ番号:17251
    • 公開日時:2013/03/29 16:25
  • オフラインオートチューニングについて

    正常に終了すればPr.96(オートチューニング設定/状態)の設定値が 「3」に変わっています。 変わっていなければ、 再度オートチューニングの設定パラメータを確認してください。 詳細表示

    • FAQ番号:11751
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 置き換えについて

    Pr.125(端子2周波数設定ゲイン周波数)になります。 傾きがずれている場合はC4(903)(端子2周波数設定ゲイン)で調整してください。 詳細表示

    • FAQ番号:15965
    • 公開日時:2012/07/10 13:53
  • オートチューニングについて

    周波数モニタにしても、「1」が出ないということは、オートチューニングに 必要なパラメータが正しく設定されていないことになります。 Pr.81(モータ極数)、Pr.9(電子サーマル)モータの定格電流を 設定してください。   詳細表示

    • FAQ番号:11348
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • パラメータ設定について

    Pr.79(運転モード)の設定を「3」(併用運転モード)に変更し、 外部端子のSTF-SD間(逆転の場合はSTR-SD間)を短絡してください。   詳細表示

    • FAQ番号:11237
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • ブレーキ抵抗器について

    内蔵ブレーキ抵抗使用時の回生ブレーキ使用率は 200V 0.4K〜3.7K:3%、5.5K〜7.5K2% 400V 0.4K〜7.5K:2% です。 上記以外の容量は内蔵ブレーキ抵抗はありません。 詳細表示

    • FAQ番号:15870
    • 公開日時:2012/04/17 11:22
  • アナログ周波数計 目盛校正抵抗器について

    アナログの周波数計:YM206NRI 1mA。 目盛校正抵抗器:RV24YN 10kΩ。 詳細表示

    • FAQ番号:11747
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • パラメータ読出について

    Pr.160(ユーザグループ読出選択(D700は「拡張機能表示選択」))を0に設定すると、全てのパラメータが読出可能になります。 詳細表示

    • FAQ番号:15950
    • 公開日時:2012/07/10 13:49
  • オートチューニングについて

    基本的には、オートチューニングはインバータとモータ(モータへの配線も含む)の組合せにより 条件が異なるため、その都度、実施してください。 オートチューニングに必要なパラメータはそのままで問題ありません。 詳細表示

    • FAQ番号:15850
    • 公開日時:2012/04/17 11:22

350件中 81 - 90 件を表示