ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 11042
  • 公開日時 : 2012/02/27 15:21
  • 印刷

出力欠相保護アラーム

出力欠相保護アラームが、頻繁に発生します。(加減速時に多い)
インバータからモータ間の配線に異常は認められません。
モータのコイル抵抗を調べても異常は認められません。
その他に、出力欠相保護アラームが、発生する要因はあるのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

出力欠相保護アラームですが、出力電流が定格電流の25%以下に近い場合、
3相のうち1相または2相が25%を下回ると出力欠相になる場合があります。
よって、インバータ容量に対して小さい容量のモータを駆動すると
出力欠相保護アラームが発生する可能性があります。

不要に出力欠相保護アラームが発生する場合には、Pr.251を0に設定すれば
出力欠相保護を無効とする事が可能です。
(旧バージョンのインバータにはPr.251の機能が無いものがあります。)
製品名
インバータ,マグネットモータドライブ
製品分類
インバータ本体
シリーズ
FREQROL-E500, FREQROL-A500
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください