• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 11495
  • 公開日時 : 2012/02/27 15:21
  • 印刷

低騒音運転時のノイズ・漏れ電流対策

FR-A024の低騒音運転時のノイズ・漏れ電流対策はどうしたらよいですか?
カテゴリー : 

回答

ノイズ対策は大きく次のように分けることができます。
・ノイズ源と相手機器間の距離を離す
・ノイズフィルタを設置する(FR-BIF、FR-BLFなど)
・本体や配線を遮蔽する
・回路を絶縁する
 
漏れ電流の対策
・インバータのキャリア周波数を低くする
・漏電遮断器が不要動作する時は、自系統および他系統の漏電遮断器に
 高周波・サージ対応品を採用する。
・外付けのサーマルリレーが誤動作する時は、インバータの出力側に
 リアクトル(FR-BOL)を設置します。

※ノイズ・漏れ電流のいずれもインバータのキャリア周波数を低く設定することが最も有効な対策です。
  但し、キャリア周波数を下げるとモータ騒音が増加しますので、騒音の気にならない範囲で
  キャリア周波数を下げて使用されることを推奨します。
  詳細はテクニカルノートNO.21(ノイズと漏れ電流)を参照ください。
製品名
インバータ,マグネットモータドライブ
製品分類
インバータ本体
シリーズ
FREQROL-A024
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください