• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

駆動機器

『 駆動機器 』 内のFAQ

2583件中 2471 - 2480 件を表示

前へ 248 / 259ページ 次へ
  • 周波数モニタ時の表示異常

    パラメータユニットの画面表示の選択が「周波数設定値」となっていると、  そのようになることがあります。  画面表示の選択(第一優先画面)が「出力周波数モニタ」ではなく、設定値を表示する  「周波数設定値」となっていると、STFなどを入れなくても、  アナログ電圧(周波数設定器を接続する2-5間の電圧)...

  • 低回転時のトルク特性について

    大変申し訳ありませんが、0.5Hz未満ではトルクは保証されていません。 このため、公開可能なデータは存在しません。また、0Hz時はトルクを発生いたしません。

  • 保護機能

    保護機能が動作した場合、RDY信号により、インバータは停止(出力遮断)状態となります。

  • サイズはどの程度ですか?

    高力率コンバータ本体は、同容量の汎用インバータ(FREQROL-A200シリーズ)と ほぼ同一ですが、外置きボックス、リアクトル1、リアクトル2の付属品がありますので、 付属品の設置スペースも必要です。 本体と付属品の設置スペース比率は 1:1.5程度になります。

  • パラメータ(設定)は何がありますか

    設定可能な機能は、下記の3種類です。 ・加減速時間 ・電子サーマル ・最高周波数 パラメータユニットは使用せず、2つの内部ボリュームと2つのスイッチで設定します。

  • 高力率コンバータと接続できますか

    インバータ本体が高力率コンバータFR-HC対応品であれば接続できます。 (従来品には接続できません。) FR-HC対応品の識別方法 インバータ本体の定格名板に記載されているSERIAL(製造番号)が下記の記号以降となります。 形式 ・・・SERIAL(製造番号)  (注) FR-A024-0.1K(P)〜1.5...

  • 通信ユニットを使って何台までインバータを接続できますか

    EIA規格 RS-485に準拠しているので、最大接続数は32台です。 (伝送形態:マルチドロップリンク方式、総配線長:500m) (注) FR-CU01を使用する時は、接続ケーブルFR-CBLを使用してください。

  • 新形シリアル通信ユニットFR-CU03の取り付け

    パラメータユニットFR-PU03を取り外した部分に取り付けます。 (FR-CU03は取付け関連寸法はFR-PUと同じになっています。) パラメータの読出、書込、運転、停止などを通信ケーブルで接続されたパソコンから操作できます。

  • バ-ジョンアップでどんな機能が増えていますか

    バージョンアップで次の機能が追加になっています。 ・すべり補正機能 ・シリアル通信機能 ・周波数ジャンプ ・15速運転 ・ゼロ電流検出 ・入出力端子の割付 ・入力フィルタ時定数 など

  • 機種構成

    200Vクラスは 下記の7機種です。 0.1K、0.2K、0.4K、0.75K、1.5K、2.2K、3.7K。 400Vクラスは下記の5機種です。 0.4K、0.75K、1.5K、2.2K、3.7K。 さらに各容量に全閉鎖形を準標準品として用意しています。

2583件中 2471 - 2480 件を表示