• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

駆動機器

『 駆動機器 』 内のFAQ

2582件中 2541 - 2550 件を表示

前へ 255 / 259ページ 次へ
  • PU信号について

    JOG運転モード時は出力されません。

  • CC-Link通信時のモニタ値について

    アラーム発生時に出力周波数、出力電流、出力電圧のデータは保持されますが、他のモニタについては保持されません。

  • 機種選定と他の機器への悪影響を与えない対策方法

    主にインバータの一次側を伝わって他の機器に影響を及ぼすものは、ノイズと高調波が考えられます。 高調波につきましては、オプションの直流リアクトルもしくは交流リアクトルを挿入していただけますと、 低減させることが出来ます。 一次側に伝播するノイズにつきましては、キャリア周波数を低くする (Pr.72の設定値を小さくす...

  • 外部周波数選択

    外部運転で、多段速の入力が全てOFFとなった場合、 出力周波数は、外部のアナログ周波数指令(2-5入力or4-5入力)に従います。 したがって、アナログ周波数設定入力がない場合(0の場合) 1.の場合は、減速し、0Hz出力の動作をします。   (始動周波数Pr.13が0Hzより大きければ、出力しません)   ま...

  • アナログ信号入力時の主速度変更について

    2番端子に周波数指令を入力しており運転周波数を運転中に変更するためには、 下記手順にてパラメータを調整して下さい。 1.Pr.77=2と変更する。 2.Pr.903の運転周波数を調整する。 3.調整終了後、Pr.77を元の値に戻す。

  • コネクタについて

    HC−SF502BKの 電源コネクタはCE05−2A24−10P、 ブレーキコネクタはMS3102A10SL−4Pです。 HA−LH11K2BKの 電源は、リード線で圧着端子付きです。 ブレーキは、MS3102A10SL−4Pのコネクタが付いています。 HA−SH352BK、HA−SH...

  • MR−J2について A1SD75P2−S3との接続(PLC停止時の手動運...

    サーボアンプは外部DI/OにてJOG運転設定にできません。MR−J2の場合、ア ンプ前面の押しボタン若しくはセットアップs/wからJOG運転モードに設定してい ただくことになります。

  • MR−SBシリーズ のサーボアンプ、モータ代替機種について

    容量だけを考えて単純に置換えるのであれば、    1)”MR−SB350  ”は”MR−H350BN”です。    2)”HA−SA352Z ”は”HC−SF352”です。    3)”HA−SA352BZ”は”HC−SF352B”です。   代理店、最寄りの支社よりカタログ等を取寄せるなどして、...

  • MR−H350Aシリーズ RD(49番)がランダムに落ちる

    ランダムにRDが落ちるということで、以下の2点の原因と考えます。 対策の実施をお願いします。 1、RD、電源の配線がはずれそうになっている。   RD、電源の配線のチェックを実施する。 2、ノイズ等の影響を受けている。   シーケンサ−サーボアンプ間の信号線にフェライトコアを挿入する。   シーケ...

  • 屈曲寿命長寿命品のエンコーダケーブルについて

    1、MR−Hシリーズ (1)HONDAコネクタタイプ MR−HCBL□M(標準で屈曲寿命長寿命品) (2)キャノンコネクタタイプ MR−HSCBL□M(標準で屈曲寿命長寿命品) 2、MR−J2シリーズ (1)AMPコネクタタイ...

2582件中 2541 - 2550 件を表示