• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

駆動機器

『 駆動機器 』 内のFAQ

2582件中 2551 - 2560 件を表示

前へ 256 / 259ページ 次へ
  • MR−Hのトルクサーボで速度が出ないのですが

    次の項目を確認してください。 (1)アナログトルク指令が低すぎて、負荷トルクと釣り合っていませんか。 (2)アナログ速度制限、または内部速度制限がかかっていませんか。 (3)DI0が入力されて、トルクモードに切り替わっていますか(モータが止ま っているときにDI0を切り替えないと、モードは切り...

    • FAQ番号:10569
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • 絶対値PLGの停電時許容回転速度

    エンコーダの方式上、バックアップ中の回転速度は500rpmが限界です。 HA−FFモータの特殊品で対応させていただきますので、営業所に問い合わせ願いま す。

    • FAQ番号:10564
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: HA
  • 電源のオン・オフについて

    同時にオフする場合はアラーム発生時にアラーム番号が確認できないなど、安全面で問題がある場合があります。 技術資料集に記載のとおり、アラームなどが発生した場合には、主回路電源のみ切断することを推奨します。

  • 制御切換について

    DI信号の制御切換(LOP)で行います。

  • アラーム8Eについて

    サーボアンプと通信機器(パーソナルコンピュータなど)の間にシリアル通信不良が発生した場合に発生します。 以下の対応を行ってください。 1. 通信ケーブル不良。(断線またはショートしている。)   →ケーブルを修理または交換してください。 2. 通信機器(パーソナルコンピュータなど)の故障。   →通信機...

  • コントローラからアンプまでの指令ケーブルの距離の制約について

    あります。 指令パルス列入力が差動ラインドライバ方式の場合は10m以下です。 オープンコレクタ方式の場合は2m以下です。 ※配線は、技術資料集に記載のとおり、ツイストペアにして、シールド処理してください。

  • 電源オフ/オンパラメータ

    その必要はありません。 パラメータの有効/無効は制御電源のオン/オフに関係します。

  • リニアスケールのシリアル化について

    差動出力をそのまま入力することが可能なため、変換ユニットは必要ありません。 (注)対応する差動出力のパルス仕様は技術資料集を参照してください。

    • FAQ番号:10523
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-J3
  • アナログモニタ出力の零点について

    パラメータNo.PC39とPC40(アナログモニタオフセット)で調整してください。

    • FAQ番号:10522
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-J3
  • サーボアンプの複数台モニタについて

    できません。 モーションコントローラを介してモニタする場合は、モーションコントローラの先につながるサーボアンプ全てがモニタの対象になりますが、サーボアンプに直接接続した場合は、そのサーボアンプ単体のみがモニタの対象になります。

2582件中 2551 - 2560 件を表示