• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

シーケンサ MELSEC

『 シーケンサ MELSEC 』 内のFAQ

2523件中 2521 - 2523 件を表示

前へ 253 / 253ページ 次へ
  • CPU内蔵I/O機能について

    入出力信号が重ならない場合には、同時に使用することができます。内臓I/O機能パラメータ設定画面でユーザが使用する機能を選択すると信号の重複が自動的にチェックされます。

  • Qシリーズアナログユニットの起動電流値

    Q64DAの突入電流(起動電流)は約2Aです。 これは,ノイズ対策のためコンデンサなどが使用されているためです。 定格電流を大きくする,または電源供給線をリレーで中継して1台づつ 順番に電源投入するなどをご検討ください。

    • FAQ番号:13349
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • 接続可能ユニット数について

    最大10台まで接続可能です。ただし、RS-232アダプタ、エンドカバーは含みません。 内蔵CC-Linkを使用することで入出力などの拡張が可能です。

2523件中 2521 - 2523 件を表示