• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

シーケンサ MELSEC

『 シーケンサ MELSEC 』 内のFAQ

2578件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 258ページ 次へ
  • ハイパフォーマンスモデルQCPUで作成できるファイルについて

    作成できます。 ローカルデバイス用のファイルサイズ計算式は、以下マニュアルを参照してください。 Qn(H)/QnPH/QnPRHCPU ユーザーズマニュアル (機能解説・プログラム基礎編)5章

    • FAQ番号:13630
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • 系切替え時間の計算について

    系切替え時間は、下式で算出します。 Tsw=α+Tαm+Trc (ms)  Tsw:系切替え時間  Trc:待機系CPUユニットによるトラッキング転送データの反映時間  Tαm:CC−Link IEコントローラネットワーク、MELSECNET/H、      CC−Linkのリフレッシュ時間 ...

    • FAQ番号:14163
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • Q64RDの精度について

    ・周囲温度 25±5℃  ±0.08% ・周囲温度 0−55℃  ±0.25% (最大値に対する精度です。)

    • FAQ番号:13841
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • QD65PD2の制御周期について

    制御周期は、1msとなります。 ・入力信号、バッファメモリの更新タイミングは、1制御周期の範囲内でばらつきがあります。 ・シーケンスプログラムが更新した出力信号、バッファメモリを、QD65PD2が読み出して  処理を完了するまでに、最大2msの遅れが発生します。

    • FAQ番号:14102
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • 二重化CPUの特殊レジスタの更新タイミングについて

    特殊レジスタは、系が切り替った瞬間に更新されます。 系切替え後の新制御系は、更新した特殊レジスタの情報で動作します。

    • FAQ番号:14210
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • AD51H−S3のROM化

    可能です。 《補足説明》 汎用ROMライタでROM化するためには,SW1SRX−AD51HPのファイルメ ンテナンスモードの中のファイル変換機能で,実行用BASICプログラムを汎用RO Mライタ用データ(インレテック拡張HEXフォーマット)に変換したファイルを作成 します。 次に,S...

  • A616DAV/A616DAI(アナログ出力ユニット)の外部供給電源

    必要です。 外部供給電源のDC±15Vは,A616DAV/A616DAIのユニット内部の制 御にも使用されています。 したがって,DC±15Vが供給されないと,正常な動作が保障されません。

  • A/D,D/A変換ユニットのメモリ内容の保持

    ゲイン値,オフセット値は一度書き込んだら書きなおすまでは,その値を記憶していま す。従って,電源がOFFしても大丈夫です。 又,メモリにEEP−ROMを使用しているのでバッテリーバックアップの必要はあり ません。

  • Q64P,Q64PNの最大皮相電力について

    160VAになります。

    • FAQ番号:14779
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: Q(Qモード)
  • QnUDVCPUとパソコンCPUのマルチCPUについて

    パソコンCPU:PPC-CPU852(MS)は、QnUDVCPUとのマルチCPUに対応していません。

    • FAQ番号:17018
    • 公開日時:2013/01/24 17:03
    • カテゴリー: Q(Qモード)

2578件中 1 - 10 件を表示